至るスロッターの一生

糖質制限のアレコレA

前回の続きです!

前回は

糖質制限のアレコレ@

コチラをご覧ください。


〇糖質制限をするとバカになる。

脳の栄養はブドウ糖だから・・・
糖分を取らないと頭が働かない。

バカになってします。

そんなことはありません!

アラスカの先住民族のイヌイットってご存知ですか?

色々なお肉、生肉などを食べて過ごしています。


糖分を取らないとどうにかなるのであれば、
肉食の種族の方々は生きていけません。


脳の栄養、ブドウ糖は勿論糖質から作られます。

ただ、ブドウ糖が作られなかった時は?

筋肉や脂肪等で代謝が起こり、
ケトン体というものが作られるようになります。

ケトン体は、ブドウ糖と同様に脳の栄養となるのです。


更に、赤血球などのブドウ糖からでしか栄養を採れないところは・・・

同じく、筋肉や脂肪からブドウ糖を作成する
糖新生という運動が行われるようになります。



・・・お気づきですか?

糖質をカットすると、
脂肪などから体に必要な糖質を作り出す為、
必然的に様々なダイエットよりも
加速度的に痩せられるということなのです!!



これが糖質制限ダイエットの効果が大きい秘密です。

頭が悪くなるような要素は一切ないのでご安心下さい。


〇朝はしっかりと糖分を取らないと頭が働かない

まず、先ほどの理由によって、
糖質は取らなくても頭が働かなくなることがないと
ご理解は頂けたと思います。

ただ、昔からよく朝ごはんはしっかり食べなさい、
朝ごはんはどれだけ食べても太らないとか言われなかったですか?


所説ありますが、食べないといけないということはありません。


色々な研究結果はあるんですけど、
寝起きの胃袋に多量の食べ物を送り込むのは
得策とは言えません。

軽く、糖質の少ない食事を食べるのがベターです。


間違っても朝からごはんをお代わりしたりとか、
そんな事は絶対に避けて下さい。

上昇した血糖値を抑える為に多量のインスリンが分泌され、
朝から逆に頭が回らなくなり、眠くなりますよ
・・・

※私も、朝は完全糖質カットにしてから、
午前中眠くならずに頭がスッキリとしてます。


〇肉も野菜もごはんも、バランス良く採らないとダメだろ!?

勘違いしている人が多いのですが・・・

そもそも、現状の食事のバランスが崩れているのです。


初めの方に言いましたが、1日の必要糖質量は130gくらいです。

なのに、今の食生活では普通に300gくらい行ってしまいます。

これのどこがバランスの良い食事なのでしょうか・・・


なら、バランス良くという人は、糖質をゆるやかカットの
1日100g〜130gにして、他の要素を増やす。

これが一番バランスの良い食事なのです。



〜まとめ@〜

色々と糖質制限ができない!
ような理由を集めてみましたが、
どれを取ってみても逆に糖質制限をする方がいいのです。

できない理由を探すよりも、
まずは少しづつからでもいいのでチャレンジするのが、
見た目にも健康的にも、建設的ではないでしょうか?



〜まとめA〜

私は、糖質制限をする際に、色々調べたのですが・・・

解りやすく、一番理解できたのが実はこのマンガでした。








解りやすくて、なんかツッコミ満載で面白かったです(笑)

今回いくつか書きました糖質制限記事も、
このマンガを参考にして書きました。


また、



このシリーズとか、



普通に面白いので、ネカフェとかであったら
一度手に取ってみて下さい。

為になるし、面白いので!


■過去の糖質制限記事については下記を参照ください!

アビのダイエット記録2016

半年で約14s落としたダイエット一覧

糖質とはそもそも何ですか?

糖質制限で何食べればいいの?

痩せられるメニュー

糖質制限のアレコレその@


糖質制限のアレコレ@

糖質制限を始めよう!

と思っても、色々と不安ごとがあり中々できない人が多いです。

安心して始められるように、
糖質制限のアレコレをピックアップします。


〇カロリー制限の方が痩せられるのでは??

今まで王道だったのが、1日の必要摂取カロリー量よりも、
摂取するカロリーを減らす方が痩せられるのでは??

カロリーを制限しても痩せられます。

ただ、カロリー制限は過酷です。
というか、カロリー制限でダイエットできるような
忍耐力の強い人は、糖質制限ダイエットとか調べてないかも(笑)

糖質制限ダイエットの良いところは、
糖質以外食べてもいいってことなんです!

空腹感というダイエット中の一番の苦痛を避けることができるし、
必要な栄養素もたくさん採ることができるのです。

カロリー制限はどうでしょうか?

お腹いっぱい食べるのであれば、
野菜とかカロリー量の少ないものしか
食べることが出来ません。

さらに、偏った食事になるので体にも悪いです。

糖質をカットすれば痩せられるのに、
糖質以外をカットする必要はないのです!

※とはいっても、糖質をカットしても
余りにもカロリーを摂取し過ぎると痩せません。


〇どうしても甘いものがヤメられない・・・

私もこれなんですよ、甘党なので。

そんな人は・・・食べちゃってください(笑)

え?大丈夫なの???って?

そりゃ、食べない方が痩せられますが、
食べないことでストレスが溜まると意味がないです

糖質制限ダイエットはストレス少なく健康的に痩せられる
ダイエット法ですから。

食べる量を考えて摂取すればOKです。

例えば・・・

朝食=糖質10g
昼食=糖質40g
夕食=糖質20g

こんな場合は、1日糖質100gのゆるい糖質カットの場合は
まだ30gの糖質摂取の空があるわけですよ。

アイスとかだったら大体糖質量が30g前後です。

こんな感じで調整して食べることができます。

また、人工甘味料を使うのも手ですよ。

人工甘味料は糖質0や少ないですから、
こういったものを間食で食べるのもありです。

人工甘味料は体に悪い?という噂もありますが、
一日間食に1回程度ならどうということはありません。

何度も言ってますが、太っている方が体に悪なのです。


〇ごはん等、炭水化物がヤメられない。

食べちゃいましょう!(笑)

糖質カットしてないやんって?

なので、上記の甘いものがヤメられないという人と同じように、
食べる量だけ調整すればいいんです。

例えば・・・

朝食=10g
昼食=20g
夕食=20g

これくらいカットしてたとしましょう。

お茶碗1杯が糖質50gくらいです。

お昼に食べるくらいならなんとか大丈夫です!

※ただ、食べることによって痩せる速度は低下します。


ラーメンとか、うどんとか、大好きでヤメたくない!!
と言う人もいるでしょう。

そういう人も、食べればいいんです。

ラーメンを毎日食べるという人は少ないでしょう。

ラーメンは1食50g〜60gくらいです。

1食ラーメン食べたとしても、それ以外の食事を
ちゃんと糖質カットすれば大丈夫です。


そもそも、糖質カットを続けると、
だんだん糖質を取らなくても気にならないようになります。

私はたばこを吸ってないのでわからないんですけど、
禁煙と同じような感じだと思います。


ヤメた瞬間は強烈なストレスが襲ってきますが、
しばらくするとそういった欲求もなくなってきます。

糖質って実は依存性があるんですね。

まず、初めの2週間が勝負です。

そこを超えると段々糖質を取らなくても平気になります。

体調も良くなってきて、
「糖質って体に悪いものだったんだ!」
と、体自身も感じるようになってストレスもなくなります。

※私くらいの速度でヤセる場合は、初めの1ヶ月は
ほぼ取らないことをオススメします。


〇糖質制限よりも、運動をした方が痩せられるのでは?

運動によりカロリー消費、

社会人になってそんな時間確保できない。

以上!(笑)


なんて。

運動することによるカロリー消費量なんて微々たるもんなんですよ。

知ってますか?

ウォーキング1時間のカロリー消費量?

ジョギング30分のカロリー消費量?

腹筋10回あたりのカロリー消費量?


ウォーキング1時間(散歩ではなくウォーキングです)
→約300キロカロリー消費
(ちなみに散歩は150キロカロリーくらい)

ジョギング30分(体重や走る距離により変わります)
→約200キロカロリー消費

腹筋10回(負荷のかけ方によって変わります)
→約5キロカロリー消費w


体重を1s落とすのに必要な消費カロリーは
7000キロカロリー消費が必要なようです。

そうなると・・・

ウォーキング=約24時間
丸1日中早歩きしまくって、ようやく1s減量。

ジョギング=約18時間
6時間だけ寝て後は一生走り続ける!

腹筋=約14000回必要!ww


クラブ活動でバリバリ運動しているような
学生とかじゃないと到底無理なんですよこんなの。


運動だけで痩せようというのはかなり無理があります。


※勿論、ダイエットに運動を組み込むのは良いことです。
私も筋トレしますから。

運動は体重を落とすということよりも、
体を引き締めるという重要な役目があります。

痩せても引き締まってないと意味がないと思ってますし、
筋肉が形成されれば上記の消費カロリー以上に、
基礎代謝が上がり普段の消費カロリーも上がるので、
組み合わせることによって効果を発揮するようになるのです!


なので、運動だけで痩せよう!
という考えはプロレスラー体系を目指す人以外は
やめるようにしましょう!


>>また続く


痩せられるメニュー

糖質制限ダイエットして、


2016年体重推移.png



順調に右肩下がりに痩せられたんですけど、
それ以外にも体にも色々と変化がありました。

・慢性的な眠気が無くなった。
(特に、昼から夕方の)
・汗かき体質が治った
・体全体的にむくみが無くなった。
・肌質が良くなった気がする。
(気がするw)


プラス要素の事がいっぱいあるんですよ。



デメリットと言えば、やはり食費は少なからず上がりますね。


お米、パンとか、THE炭水化物はやはり安いですから。

これでかさ増しができないのでその分増えます。


他にも今まで食べられていたものが食べられなくなる??

これもその通りなんですが、糖質をカットできる代替え料理もあるので、
今回はその中の一つをご紹介したいと思います。


〇ピザ

ピザと言えば、生地がモロに炭水化物ですから、
当然糖質が沢山含まれている食べ物です。

その生地を油揚げ(薄揚げ)を使うんです!


DSC_0307.JPG



これが結構美味しいんですよ〜。

そして簡単です。


DSC_0308.JPG


まず、薄揚げを開きます。


DSC_0309.JPG


そして、お好きな具材とチーズを乗せます。

後はオーブントースター等で焼いて完成です。


DSC_0310.JPG



最後に醤油をかけて食べるとこれまたウマい!


是非試してみて欲しいです。



他にも、糖質の少ないもので代替えしたレシピはいくらでもあります。


豆腐を使ったチャーハンとか

白滝を麺替わりに使ったり


ここでは紹介し切れないので、他のはググって下さいな。


毎日食事を変えて飽きないように十分糖質カットを楽しめますから!


P.S

あと、急激に体重を落とす必要がなければ、
そこまでガチバチに糖質をカットする必要はにです。

お昼は外食とかが多い人もいると思いますから、
一番糖質を制御するのが難しいのです。

お昼だけごはんを1杯食べたとしても、
きちんと朝と夜を調整すれば一日の糖質量は十分落とせます。

3食カットすれば1日の糖質量は余裕が出るので、
間食で甘いものを食べたとしても大丈夫なんですね。


自分のライフスタイルに合わせて、
ストレスなくやるのが何より1番なのです。