思い出の機種その1 - 至るスロッターの一生

思い出の機種その1

スロット打ったことある人は必ずしも初○○機種というものがあるはずですが、今回は私が初めて打った機種の話でもしてみます。

見たくないない人は飛ばしてね(・ω・)


初めて打ったスロットで機種はユニバーサルから発売されたハナビという機種です。
今から14年前に発売された機種なので、ドンちゃん自体はシリーズでかなりの数がリリースされているのでその名前は知っている人は多いとは思いますが、リアルタイムで打ったことがあるという人は少なくなってきたかもしれませんね〜。ちなみに私自身も随分前のことでウロ覚えのことも多いので間違ってるところがあればご愛嬌というところで。(当時16歳でしたが、時効ということでご勘弁をw)


ハナビ.jpg




・バーサスの兄弟機

兄弟機のバーサスという機種を元に作られていて、リール配列はすべて同じでした。リーチ目は変更あれどDDT、リプレイハズシ等は同じなのでよくバーサスも打ってました。音楽はバーサスのがカッコイイのですが、ハナビには遅れがある、これがまたアチーんですよ。

versus.jpg
バーサス



・スロット初の遅れ

チェリーorボーナス。遅れという予告がスロットで初めて採用されたのがこのハナビで、元々はサンダーVという機種のプログラムを使用していたところから来たバグだったんですが、この違和感予告がなんともまぁ熱いんですよね。よく、右から押そうかとか長男下段ビタ押しにするかとか色々悩んだもんです(笑)

hanabi03.jpg
遅れの時にこう狙ったりしてね!!


・氷成立時の制御

リール制御も良くできてましてね。5号機はテーブルが一本しかないですが、4号機は複数本あったので、その制御上氷(15枚役)平行に揃うか斜めに揃うかが振り分けられていて、斜めの方は中々選択されづらいという特徴がありました。なのでハサミ打って斜めに氷がテンパイしてなおかつそれが小役ハズレ目で・・・熱い!!!ということが今の液晶だよりの演出ではなくてリールのみで演出されていたワケなんですね。
メジャーなのが左上段暖簾からのハサミでノリオ降臨ですが(もうこの時点で知らない人はなんのこっちゃですねw)僕は左上段暖簾からハサミで上段氷停止からの、枠上を覗きこんだらドンちゃんがいた!!ってパターンが好きでしてね。覗き込んで七があったり何もなかったりの場合はナメコテンパイがハズレてもただのハズれなんだけど、ドンちゃんがいた場合のみ小役ハズレのリーチ目になるっていう逆転パターンがアツいのです!(ちなみに、ドンちゃんがいなくても、中リールの停止目でリーチ目にはなりますけど)

あ〜打ちたくなってきた(笑)

ハナビ2.jpg
いわゆる氷山という代表的なリーチ目、綺麗ですよね〜



・適度な目押し難易度

この時代はいわゆる技術介入時代だったのですが、このハナビも例に漏れず技術介入機でした。手順をしっかりとこなせば設定@でも機械割は100%を超えておりました。ただ、それは等価交換が前提なので、大阪に住んでいた私は、当時の大阪は7.6枚交換店がほとんどという極悪状態だったので、そんな特権はないようなもんでした(笑)
目押し難易度はそれほど難しくはなく・・・という感じで、BIG中のリプレイハズシも2コマだったので落ち着いてやればまぁ失敗はしない程度でした。
ただ、氷に関しては中リールは2コマしか引き込まない(本来、パチスロは4コマまで引き込みますが)仕様だったので、油断してると氷をこぼしてしまうというおまけはありました。


・その後のシリーズ

大ヒットしたハナビはその後色々とシリーズ化されてきました。
機種が多いので名前だけでも
・大花火
・大花火30
・ドンチャン2
・デカドンチャン2
・ハナビノオヤカタ・
・花火百景
・青ドン
・赤ドン
・緑ドン
・青ドン 花火の極
・青ドン 花火の匠
・出番だ!葉月ちゃん
・緑ドン VIVA!情熱南米編
・GETだ!BILLY
・赤ドン 雅
・ドンちゃん祭


打ち始めた当時はハナビとバーサスとあとはワードオブライツばかり打ってました。
ちなみに、初めて打ったパチンコはスロットよりも半年ほど早く、機種は・・・フィーバーアジャコング。知らない人はググってね(笑)


それではまた、その2があれば・・・


にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑ポチ子のご協力よろしくお願いします。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
m9(・∀・)通報すますた!


リプレイがおっとどっこいw



大花火の実機を買いましたが、一日で飽きてしまい、
その後電源を入れる事はありませんでした。
Posted by せる at 2012年11月12日 15:02
花火は単独ドン上段ビタ押しだぜw
ドンならたしか中リール氷も四コマひきこんだはず
Posted by さかな at 2012年11月12日 15:03
今の5号機世代には花火のバーは見えないよ
ワイドリールが主流になる前のジャグの7も押せない奴多いのに…
適度な難易度の目押しの補足をさせてもらいます

うざ「コンドルって2コマ目押しするだけで食えるんでしょ」
うざ「楽勝っすね」
って言ってた北斗吉宗世代にコンドル打たせた結果
何も見えませんでしたとさ

可視図柄とバックライトとワイドリールの偉大さを感じますな
Posted by 青テン at 2012年11月13日 00:35
今の5号機世代には花火のバーは見えないよ
ワイドリールが主流になる前のジャグの7も押せない奴多いのに…
適度な難易度の目押しの補足をさせてもらいます

「コンドルって2コマ目押しするだけで食えるんでしょ」
「楽勝っすね」
って言ってた北斗吉宗世代にコンドル打たせた結果
何も見えませんでしたとさ

可視図柄とバックライトとワイドリールの偉大さを感じますな
Posted by 青テン at 2012年11月13日 00:36
適度な目押し?
今の5号機世代には花火のバーは見えないよ
ワイドリールが主流になる前のジャグの7も押せない人多いのに…

「コンドルって2コマ目押しするだけで食えるんでしょ」
「楽勝っすね」
って言ってた北斗吉宗世代にコンドル打たせた結果
何も見えませんでしたとさ

可視図柄とバックライトとワイドリールの偉大さを感じますな
Posted by レグちゃうバーや at 2012年11月13日 00:39
遅れ時にカラ回ししてトイレに行き、その間ずっとドキドキしてた頃を思いだしましたw
Posted by よげ at 2012年11月13日 04:09
おっはよー

私の初打ち、出しは「ミコト」ですね。
アレになったようで今でも覚えてます。
「この 7 は狙えばたまに揃うんだな!」
ってくらい連荘しました。

その後はコングダム、シーマスターを
お小遣いで打ってましたw

懐かしい。。。
Posted by プレボLE at 2012年11月13日 07:22
初めてのスロは4号機末期の頃に先輩に連れて行かれて秘宝伝です。
でも、あんまり面白くなかったので直ぐに辞めて北斗のSEで7連して小1万勝ってからハマりました。

それから番長北斗俺空の3ループ。

でも当時は設定、ゾーン等を意識せずヒキ勝負してて収支は右肩下がりでしたわ(笑)

あの頃ちゃんと立ち回ってたらなぁ〜〜とよく思います(^_^;)

番長のノリオと昔あっちむいてほい!やってましたね(違)
Posted by ケイ at 2012年11月13日 08:12
>せるさん

リプレイが揃った時におっとどっこいランプを光らせる必要があるのかと(笑)

実機は飽きますね・・・もう随分電源入れてないな〜。


>さかなさん

僕は七の方の氷をずっと狙ってました!(上段停止のリーチ目が好きでしてね〜!)


>青テンさん

今は押し順ナビだし、リールもわかりやすいし簡単ですよね。4号機初期とか、3号機とか、X筐体のリールくらいの太さしかありませんもんね(笑)それで、透かし、演出なしと。


>よげさん

あ〜、そうですね!DDTが準備目になるのでそれもありでしたね!


>プレボLEさん

7を狙えば揃う→僕もそう思う時期はありました(笑)

コングダム系の機種は打ててないんですよね〜、勿体無い!


>ケイさん

4号機末期の頃は狂ったようにNEW島唄とイミソーレばかり打ってました(笑)番長はおいしい思いなかったんですよね〜・・・
Posted by アビ at 2012年11月14日 02:44

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スロットブログ