思い出の機種その2 - 至るスロッターの一生

思い出の機種その2

スロットは勝てるから面白い。

必勝本のとっぱち氏が度々口にしているこのセリフですが、実際スロットって自分で考えて動いてその結果が帰ってくるモノなのでそういうところが私もスロットが好きな所以でありました。

とは言いつつも、始めからそういう風に感じていた訳ではなく、打ち始めてからしばらくの間はバイト代をドブに捨ててるようなもんでした。


で、スロットって勝てるんじゃね??って気づくきっかけになった機種が当然ありまして。今回のお題はそう気づかせてくれた機種をご紹介します。


ドンちゃん2


2210_machine_image.jpg



アルゼから発売されたドンちゃん2という機種です。

ハナビシリーズの3作目にあたる機種ですが、実は間に大花火30を挟んでいるので実際は4作目だったりします。

まず、勝てるんじゃね??ってなったポイントからお話しようかと思います。


・リセット判別が容易

4号機末期以降からスロットを打ち始めた人は知らない方が多いかとは思いますが、当時のスロットには小役差枚数カウンタが搭載されており、コイン持ちを制御するという特徴がありました。ドン2は小役確率が高確率状態に移行した場合は通常1/300くらいの2チェが揃いまくります。簡単に状態が判別できました。

で、ここからどういうふうにリセット判別をするかというと・・・

この小役カウンタという代物は、BIGを引くと一旦リセットされたりする機種が多かったんですが、ドン2の場合はリセットされませんでした。それに加えて、通常は低確率状態に滞在する割合が大半を占めてましたので、2チェは中々引かないものでした。ですが、リセットをすると・・・小役カウンタの状態はリセットされるんですよ。要はリセットされていれば小役高確率状態に近いところから朝一が始まるのです。なのでリセット台=2チェが出やすいという方式が成り立ちます。ただ、10枚役揃いとかで簡単に小役低確率状態で移行するので朝に小役が揃ってわからなくなるという場合も多い。ただ、そこは4号機。逆押しで小役はハズせますから、そこにさえ注意すれば簡単にリセット判別ができたんですよね。

なので、単純に対策なしで設定の入れてくれるホールがあれば朝一1Kで打つか否かの判断ができた機種なのです!


・技術介入マシン

前回の昔話の機種のハナビもそうだったんですが、この機種も例に漏れず技術介入マシンでした。
リプレイハズシは狙う箇所もハナビと大体同じで難しくはないんですが、BIG中の小役に特徴がありました。
10枚役成立時に逆押しで上段にテンパイした場合・・・なんと、14枚で獲得出来るんですよ。

14mai.jpg
10枚の提灯+角チェの4枚=14枚


ただ、目押しはビタ押し必須でして、狙うところが七チェ七の上の七を中段にビタなんですが、変に七が1つ飛ばしで2つあるもんですから難しいんですよね。失敗すると獲得が2枚になったり、4枚になったり、0枚になったりなのでそれなりにリスクもありました。でも実は、カラ回しで取れるポイントもありまして。(4号機を知らない人へ=4号機は5号機と違い、しばらくするとリールが自動停止します。左リールはスタート場所から2コマ後で停止信号)なので、リプはずし時や、提灯中段揃い時は準備目が作れたので、場合によってはカラ回しで取ったりしてました。

オヤジ打ち、DDT+リプレイハズシ、DDT+リプレイハズシ+14枚取りの3パターンでかなりの差が出たのであります。



この2点から、設定を使っている店であればかなり美味しい機種で、当時は大花火とかもっと割のデカイ大量獲得機がブームの時代でしたのでライバルも少なく、大変ご馳走様な思いをさせて頂いたのを覚えています。

当時はまだ高校2年だったのですが、バイトしてたのが工場だったので土日が休みで、バイト終わりはホールでデータ収集、土日に朝から並んで設定狙いというパターンで動いてました。
この時代は抽選入場なんてホールはなかったので、そこそこ早起きすれば狙い台は取れましたし、通ってたホールがモーニングも入れてる店だったので(*モーニングとは、ホールがBIGフラグを引いてくれている台)1K借りて電源ON→確定ランプ点灯でBIG。モーニングが仕込まれていた台は100%設定@だったのでBIGを消化したら流してご馳走様もできたのでかなり美味しかったです。



喰えるというところもそうですが、この機種自体がかなり面白い台でして。実際、4号機で純粋なAタイプの中では一番好きな台でした。


・演出が自分で変更できる

スロットとしては初だったのではないでしょうか?自分の任意で演出が変更できました。3種類あるんですが、青ドンモードでは小役ナビ、緑ドンモードでは曖昧小役ナビ、赤ドンモードでは当たり演出という具合で青から順に小役のナビの正確差があるという具合でした。

僕はほぼ青ドンで打ってましたが、青ドンは確実小役ナビだった分、液晶とリールの絡みが素晴らしくてですね。レバオンで黒金魚が左に飛んでいった場合(4チェORボーナス)よく逆押しでドン狙いで中段にドンちゃんが停止して・・・あ〜打ちたくなってきた(笑)


金魚.jpg



・音無しビリー

独立してスロット台にもなった、緑ドンシリーズには欠かせないビリーですが、レバONでビリーが液晶を横切ったりしても何も熱くはなく・・・逆に期待度ダウンくらいのものだったんですが、これが予告音を伴わなくて液晶を横切った場合は・・・ボーナス期待度25%超のアツい演出に早変わり。しかもほぼチェリーorボーナスなので、ハナビの遅れと同じで色んなところから狙って楽しんだりもできました。ただ完全チェリーorボーナスではないのがネックで、稀に涼が成立している場合もあります。さらに極極極稀にリプレイとか提灯の場合もあったりで、その場合のがっかり感といえばハンパなかったです。まぁリプレイと提灯の場合がほとんどがボーナス成立後ではありましたけど。


ちなみに、この機種には兄弟機がありました。



デカドn.jpg
デカドンちゃん2



仕様はドン2とほぼ同じで違うところはパネルの色が赤色なのと、大量獲得機になったということでしょうか。ちなみ、獲得枚数等、色々なところが劣化版大花火だったので、あまりヒットしませんでした。



次回は時期的に爆裂AT機時代のお話になりそうですm(_ _)m


ビリー.jpg
バイなら!





にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑ポチ子のご協力よろしくお願いします。




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
ブログ再開してから、はじめてコメします。
ドンちゃんとりあげるなんて、熱いですよ。
ビッグ30回越えたら、コマンド入力でロケットドンちゃんにしてました(笑)
あと、ビッグ成立時に左バー狙いの、中リールバービタからのドン滑りで、次プレイで一枚掛け最速ドン揃いとかやってました。
いい台でしたね!
ブログ楽しみにしてまーす!
Posted by さと at 2012年11月17日 08:14
おはよーございます。

ドンチャン、、、懐かしい。
私は無駄に「アンチ花火」を謳ってたので
あんまり詳しくはないのですが14枚役
取れなかったなぁ〜って思いだしましたw

このころはリアボの1〜2枚がけで「腕の差が出る」のを
実感して精進してましたね。
ホント、負けても面白かった気がします。

あのころのおじさん、目押し上手かったなぁ〜w
Posted by プレボLE at 2012年11月17日 08:25
一行目からいきなり心を打たれたw
スロットって勝ってナンボですよね。
勝てるスロットは面白いから打ちますが
負けるスロットは面白くないから打ちません。
つまらないものにお金と時間を費やすって(?_?)

ドン2も買いましたが、3日で飽きました。
液晶が付いてたから3日もちましたw

漢なら黙ってスケボーモードでしょ!
1000円で飽きますw

この頃の昔話をすると話題が尽きませんね。
面白い話がたくさん出てきますw








ビリー・・・
イイ脚してんなwww
Posted by せる at 2012年11月17日 11:30
ドン2は無茶苦茶おもしろかったなぁ…ルパン、バイオメサイヤ、アレックス、ディスクアップ、キャッツアイ…昔はおもしろくて勝ちやすい台まだまだいっぱいあったなぁ…ビタ押ししてぇ〜ww
Posted by さかな at 2012年11月17日 17:16
この時期はやり始めで、ボーナス図柄もろくに揃えられず、バイト代をドブに捨ててました
Posted by コジロウ at 2012年11月17日 19:39
>さとさん

ロケット懐かしい!4号機中期くらいを知らない人って、緑ドンのロケットがなんでロケットなのかとかわからないでしょうね〜。


>プレボLEさん

アンチ花火は勿体無い・・・

そしてリアルボ懐かしい!!!まともに勝ったことない台ですけど(笑)


>せるさん

何台実機買ったんスか?(笑)

スケボーモードは、全リール目押し要のリール配列の時点で厳しいでしょ(笑)


>さかなさん

バイオメサイアとか久しぶりに聞きましたよ!!ブラックリール懐かしい・・・目押しの適度な緊張感をまた味わいたいですよね〜。


>コジロウさん

基本、始めはバイト代をドブに捨てる為にホールに行ってましたよね、ホント・・・
Posted by アビ at 2012年11月18日 03:05
実機は5台です。

リバティベルWとか知りませんよねww
中2の時買いましたw
フリッパーも知りませんよねw
大花火とドン2は一緒に買ってすぐ飽きる。
最後はイレグイでビタ押しして遊んでました。


家スロはすぐに飽きてしまいます。
やっぱりお金が掛かっててナンボなんですね。
ブラックラグーン欲しいですけどwww
ラインバレルも欲しいww
店ではじっくり打てませんからね、怖くて。

新築して、二階の8畳が空いているので、そこをスロ部屋にしてもいいかなとw
空調や防音もバッチリです。
実機をひとりで二階に上げるのは大変そうww
まぁ、嫁に殺されるので出来ないんですけどね。

Posted by せる at 2012年11月18日 11:34
thunderV2の思い出が聞きたいな(^_^;)
Posted by たけし at 2012年11月18日 20:25
バジリスクを全6する店をどう思いますか
Posted by ニューカマー at 2012年11月19日 00:03
>せるさん

そうなんですよ、お金がかかってなんぼ、せめてコインの出入れがあればなんですけど、家スロじゃ不要機がないとうるさくて打てないですしね(笑)最近は品揃えのよくて全台Eみたいなゲーセンがありますから、実機台と場所台のことを考えるとそっちのほうが・・・

スロ部屋とか超欲しいんですけど!!!


>たけしさん

あ、それ次回くらいにやろうと思ってたんですよ!!!


>ニューカマーさん

体力があって強いホールですね!
Posted by アビ at 2012年11月19日 12:01

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スロットブログ