糖質制限で何食べればいいの? - 至るスロッターの一生

糖質制限で何食べればいいの?

私は、先日の記事でもご報告の通り、
糖質制限ダイエットをメインとし、
半年で72sあった体重を58sまで落とすことに
成功した訳なのですが・・・


14sという体重を半年で落とすと
どうなるかと言うと!!

あDSC_0118-コピー.jpg


↑こうなります!


一念発起して行った結果、
キツキツだったスラックスとかが
雑誌の1ページみたいなカットになって
嬉しい悲鳴だったりしたんですね!


ここまでヤセられたけど、対して
「がんばったぞオレ!」
と言う感覚はあまりありませんでした。


それが糖質制限ってヤツなんですね。



では、前回の続き。


前回、糖質摂取量は1日130gが基準とお伝えしました。

取り過ぎた糖質は、脂肪として体内に蓄積されます。

逆を言うと、130g以下にすれば蓄えている脂肪から
生命活動に必要な糖分を作るので、その分痩せられるわけです。

糖質さえ気を付ければ、肉などの脂質は並はずれな量以外であれば
摂取してもいいので、カロリー制限でなら筋肉も落ちちゃいますが、
この方法ならタンパク質も十分取れるので、筋肉も衰えません!

何を食べりゃいいの??

ってことなのですが。


糖分で真っ先に想像するものと言えば、
甘い食べ物ですね。

ケーキやアイスやチョコレートとか。

後、菓子パンとかそういうのも甘いですね。

そういうものはもちろんNG食品です。


後、ごはんやパン、麺類などの炭水化物ですね。

炭水化物は摂取すると、体内でぶどう糖に代わるので
それすなわち、糖質量となります。

カレーライスとか強烈ですからね。

カレーライスのライスやルーは勿論炭水化物、NG食材です。

そして、根菜である人参やジャガイモもNG食材です。

まだマシとはいえ、玉ねぎもどちらかと言えばNGよりです。

じゃあ、残る食材って肉だけなんですよね(笑)

その合計糖質量となれば、脅威の150gです。

カレーライス1食でなんと1日の必要糖質量がオーバーです。


もう一度NG食材を伝えると、
甘いものと炭水化物です。

炭水化物が多いのは穀物全般。
その他、野菜でも根菜と位置づけられるものは多いです。

それ以外にもモロモロとありますが、
基本的には上記以外の物であれば大体行けます!

ただ、その上記以外ってのが、慣れるまでは中々厳しいんですよね。

まず、白ごはんは食べないし、麺類全般ダメだし。

甘いものも大量に摂取できないので、
今まで普通に食べてた場合は軽い禁断症状が出ます(笑)

ただ、これは糖分依存症で、実は人体にそこまで必要なものなんですね。

なので、思い切ってはじめは3食がっつり、
いわゆる【主食】ってものを排除して下さい。

2週間は正直ツラい日々ですが、
これを超えると、結構ケロっとできます。

逆に、体も軽くなるし、眠くもならないし、
なんだ、糖質って体に悪かったんだな〜と感じるようになります。



以下に、NG食材とOK食材をまとめてみます。

【NG食材】
・ごはん
・パン
・その他穀物類(トウモロコシとか)
・麺類(勿論、素麺とかビーフンとかマロニーとかもダメ)
・根菜(ジャガイモ、ニンジンとか)
・甘いお菓子全般
・甘い飲み物
・甘くなくてもお菓子(基本、穀物が原料だから)
・ビール
・牛乳

簡単に、甘いものと、穀物を避ければOK!

【OK食材】
・たまご(最強食材)
・肉類全般
・根菜以外の野菜全般
・チーズ(最強食材2)
・ナッツ系(ピーナッツ、アーモンド等、おやつはチーズかこれ!)
・豆腐類

とても書ききれないので一部ですが。


昨今は便利な世の中あので、
基本的にスマホとかでササっと検索すれば
簡単にその食材の糖質量を調べることができます。

「〇〇 糖質」
例)「チーズ 糖質」

みたいな感じで。

もしくは、大体の商品の裏側にある
栄養成分表を見てみると大体

エネルギー:212kcal
タンパク質:6.1g
脂質:4.0g
炭水化物:38.0g
ナトリウム:366mg

というような項目を見たことがあるハズです。

上記成分表は、食パン1枚(5枚切)のものなのですが、
この炭水化物というところが糖質量と思って下さい。
>炭水化物は厳密に言うとそこから糖質と食物繊維に分かれるのですが、
食パンのように食物繊維がほぼないと思われるものはすべて糖質と換算しましょう。

中には、炭水化物ではなく
糖質 食物繊維
と、分けて記載があるものはあります。

こんな感じで、一日の摂取糖質量を大体でいいので計算してみて下さい。

ガッチガチにヤセるのであれば、
1日当たりの糖質摂取量を20g以下にして下さい。

ただ、これは超絶難易度が高いです。

それなりにヤセたい場合は、1日3食として
1食当たりの糖質量を20g、合計60g

これでも随分とヤセます。
(私はこれからスタートして、初月に5kgとか痩せました)


そして、現状維持やゆるやかな減量でいいのであれば、
1日の糖質量を100g〜130gに調節するくらいで十分です。
(これでも現状標準体重を超えている場合は、痩せます)


体質にもよりますが、上記内容で目標体重と目標期間から、
自分に適した糖質制限をすればそれでいいです。

ストレスを大きく感じないようにできるのが一番のメリットなので、
ガッチガチに制限する方法はオススメしません。

私は、それなり→ある程度落ちてからはゆるやかにシフトしました。

ご自身のあった糖質制限方法で構いません。
※あくまでも個人差はあるので注意です。


バランス良く食べないと、体を壊す??

いやいやいや
今の食生活が逆にバランス悪いですから!

先にお伝えしたとおり、多すぎる糖質摂取は
様々な病気を引き起こします。

太っていることはそれだけで人体にとって悪です。

ということは、糖分を制限出来てヤセられる糖質制限ダイエットは、
かなり健康的なダイエット方法なのです。

ご安心下さいませ。


いきなりというのが難しいければ、
まずは1食でもいいのでご飯を食べない!
というところからスタートしてみてもいいのではないでしょうか?


〜ダイエット記事〜

次へ⇒糖質の多い食べ物、少ない食べ物

前へ⇒糖質とはそもそも何ですか?



P.S

最近は体重キープで良くなったので、
たまにラーメンとか白ゴハンとかも食べるのですが、
スタートして半年までは麺類も白ゴハンも
月に1回程度しか食べないくらいでした。

ホントにはじめの2週間はキツいのですが、
それを超えると不思議と食べなくても平気になり、
元々白ごはん大好きだった私も
今現在は逆に食べてくないくらいになってます。

そもそも、白米って栄養素がそぎ落とされてるので、
糖質しか残ってないようなものなので
「毒」でしかないとわかると、食べたくなくなった(笑)

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スロットブログ