糖質制限のアレコレA - 至るスロッターの一生

糖質制限のアレコレA

前回の続きです!

前回は

糖質制限のアレコレ@

コチラをご覧ください。


〇糖質制限をするとバカになる。

脳の栄養はブドウ糖だから・・・
糖分を取らないと頭が働かない。

バカになってします。

そんなことはありません!

アラスカの先住民族のイヌイットってご存知ですか?

色々なお肉、生肉などを食べて過ごしています。


糖分を取らないとどうにかなるのであれば、
肉食の種族の方々は生きていけません。


脳の栄養、ブドウ糖は勿論糖質から作られます。

ただ、ブドウ糖が作られなかった時は?

筋肉や脂肪等で代謝が起こり、
ケトン体というものが作られるようになります。

ケトン体は、ブドウ糖と同様に脳の栄養となるのです。


更に、赤血球などのブドウ糖からでしか栄養を採れないところは・・・

同じく、筋肉や脂肪からブドウ糖を作成する
糖新生という運動が行われるようになります。



・・・お気づきですか?

糖質をカットすると、
脂肪などから体に必要な糖質を作り出す為、
必然的に様々なダイエットよりも
加速度的に痩せられるということなのです!!



これが糖質制限ダイエットの効果が大きい秘密です。

頭が悪くなるような要素は一切ないのでご安心下さい。


〇朝はしっかりと糖分を取らないと頭が働かない

まず、先ほどの理由によって、
糖質は取らなくても頭が働かなくなることがないと
ご理解は頂けたと思います。

ただ、昔からよく朝ごはんはしっかり食べなさい、
朝ごはんはどれだけ食べても太らないとか言われなかったですか?


所説ありますが、食べないといけないということはありません。


色々な研究結果はあるんですけど、
寝起きの胃袋に多量の食べ物を送り込むのは
得策とは言えません。

軽く、糖質の少ない食事を食べるのがベターです。


間違っても朝からごはんをお代わりしたりとか、
そんな事は絶対に避けて下さい。

上昇した血糖値を抑える為に多量のインスリンが分泌され、
朝から逆に頭が回らなくなり、眠くなりますよ
・・・

※私も、朝は完全糖質カットにしてから、
午前中眠くならずに頭がスッキリとしてます。


〇肉も野菜もごはんも、バランス良く採らないとダメだろ!?

勘違いしている人が多いのですが・・・

そもそも、現状の食事のバランスが崩れているのです。


初めの方に言いましたが、1日の必要糖質量は130gくらいです。

なのに、今の食生活では普通に300gくらい行ってしまいます。

これのどこがバランスの良い食事なのでしょうか・・・


なら、バランス良くという人は、糖質をゆるやかカットの
1日100g〜130gにして、他の要素を増やす。

これが一番バランスの良い食事なのです。



〜まとめ@〜

色々と糖質制限ができない!
ような理由を集めてみましたが、
どれを取ってみても逆に糖質制限をする方がいいのです。

できない理由を探すよりも、
まずは少しづつからでもいいのでチャレンジするのが、
見た目にも健康的にも、建設的ではないでしょうか?



〜まとめA〜

私は、糖質制限をする際に、色々調べたのですが・・・

解りやすく、一番理解できたのが実はこのマンガでした。








解りやすくて、なんかツッコミ満載で面白かったです(笑)

今回いくつか書きました糖質制限記事も、
このマンガを参考にして書きました。


また、



このシリーズとか、



普通に面白いので、ネカフェとかであったら
一度手に取ってみて下さい。

為になるし、面白いので!


■過去の糖質制限記事については下記を参照ください!

アビのダイエット記録2016

半年で約14s落としたダイエット一覧

糖質とはそもそも何ですか?

糖質制限で何食べればいいの?

痩せられるメニュー

糖質制限のアレコレその@


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スロットブログ