本を読みながら、動画を見ながらジョギング1時間 - 至るスロッターの一生

本を読みながら、動画を見ながらジョギング1時間

snow-monkeys-1567246_960_720.jpg


前回の続きです。

入浴系で減量するのであれば、
サウナでもなく、半身浴でもなく、
高温反復浴という入浴法が最適です。

その威力(カロリー消費量)を比較してみると、
サウナ1時間=150キロカロリーくらい
半身浴1時間=150〜200キロカロリー
反復浴2,30分=400キロカロリー

一目瞭然です!

では、高温反復浴のやり方をご紹介します。


〇高温反復浴 入浴方法

半身浴は38℃〜40℃くらいのお風呂に入りますが、
高温反復浴は42℃くらいのちょいアツ目のお風呂に入ります。

5分経ったら一旦お風呂から上がったら体を休めます。

そして、また同じく42℃くらいのお風呂に3分つかる。
上がって5分休むの繰り返し。

入浴⇒休憩を1セットとして、3セットが推奨されてます。

まとめると。

入浴(5分)

休憩(5分)

入浴(3分)

休憩(5分)

入浴(3分)

上がる、水分補給

これで大体20分〜30分、
消費カロリーが400キロカロリー前後。


結構強力でしょ?

そして、大量の汗をかくので、
体重自体はめっちゃ減ります。

体の水分が減っただけですが、
体重計に乗るとびっくりすると思います。

やってみるとわかるのですが、
初めてとかだと体にかかる負荷が結構強い。
場合によっては軽くふらついたりします。

絶対に無理だけはしないでください。


負荷が強いので、1日でも2回までと言われてます。


そして。

ここからがアビオリジナルです。

上記以上にアホほど負荷をかけます。


〇アビ式高温反復浴

温度は44℃〜45℃に設定します。
※これ以上にすると、マジで危険です。

そして、休憩中は常に冷水を被ります。
冷やすと効果的な首の後ろ、胸、脇の下を
徹底的に冷却します。
※これがホントきついんですよ。

上記をもとに、5,6セットやります。

入浴(6分)

冷水を浴びる(4分)

入浴(5分)

冷水を浴びる(3分)

入浴(5分)

冷水を浴びる(3分)

入浴(5分)

冷水を浴びる(3分)

入浴(5分)

冷水を浴びる(3分)

入浴(5分)

冷水を浴びて終了

これだけやってれば、消費カロリーは
1000キロカロリー超えております。

食べ過ぎてしまった日とかにやります。

慣れている私がやっても、
風呂あがった後はフラフラするんです。

なので、身体的に私は一切保証しませんので、
やるなら通常版にして下さい!

慣れないうちにアビ式とかやったら、
マジでぶっ倒れます。



で、これの利点ってなんですか?
となると、入浴しながらって点なので、
スマホ持ち込んだりしたら動画とか見ながら出来るんです。

見たいニコ動とかが出てきたら、
反復浴実践率が上がるのはココだけの話です(笑)

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スロットブログ